何を重視すればいい?法人向けパソコンの選び方!

価格とスペックのバランス

法人向けパソコンは、一般向けのものと比べると価格が安く設定されています。スペックにこだわらないのであれば、3万円程度のパソコンも多くありますが極端に低スペックなパソコンは選ばない方が良いでしょう。法人向けの場合、最低限の業務をこなすことができるスペックがあれば、それで良いと考える人もいるでしょう。しかし、仕事をしていく中で顧客から高いスペックが必要な仕事を求められるようになるということは珍しくありません。対応しきれない業務が出てくると、新しいパソコンを導入する必要が出てきます。最初からある程度のスペックがあるパソコンを選んでおけば、今までよりも難しい仕事が発生した時でも慌てずに対応をすることができます。そして、スペックを補うための急な出費で悩まされる必要もなくなります。それだけに、法人向けパソコンを選ぶ時には価格だけでなくスペックにもこだわっておくことがおすすめです。

長く使い続けるためのサポート

パソコンを安心して使い続けるためには、メンテナンスも必要になります。そのため、法人向けパソコンを選ぶ時にはサポート体制がしっかりとしているかどうかを確認しておくことが大切です。故障をした時にはすぐに出張修理をして貰うことができるか、すぐに直らない場合は代替品を用意して貰うことができるかなど、サポート体制はしっかりと確認しておくことがおすすめです。サポートがしっかりとしていれば、パソコンに不具合が出ても業務に大きな支障をきたす心配がありません。

BTO」は、Build To Orderの略です。意味するところは、「受注生産」で、パソコンをカスタマイズしたい時などによく使われる言葉です。