時代とともに様変わりする社員研修の意義と目的

かつての社員研修は戦力アップと結束が目的

高度経済成長からバブル期までの日本企業といえば年功序列、終身雇用が当たり前で、社員研修の内容は社内の結束を高め、企業の生き残りをかけた戦力アップに力点が置かれていました。しかしバブル崩壊以降は環境問題が大きくクローズアップされ、個人保護法が施行されるなど社会情勢が大きく変化しました。また、近年はブラック企業や過重労働が社会問題化し、環境に優しい経営、コンプライアンスの遵守、「働き方改革」に象徴される労働環境の改善が強く求められています。

法令順守に厳しい目が注がれる現代の企業

こうした社会情勢の変化とともに、企業の社員研修も変化を遂げています。企業に厳しい視線が注がれる中、もちろん企業の一員である社員も同様に厳しい目で見られています。個人情報の取り扱いなど社内のルールを遵守することはもちろんのこと、社会的な規範やマナーをしっかりと守る社員でなければ会社の信用を大きく傷つけたり、場合によっては多大な損失をもたらすこともありえます。裏を返せば社会のルールを守り、体外的に評価の高い社員がいることで、会社全体の信用や評価の向上につながります。

会社と社会のルールを守れる社員の育成へ

現代の社員研修は戦力アップや会社の理念や事業目標の共有といった目的に加え、対外的な信頼を獲得するための教育に目を向ける企業が増えています。今後も持続可能な企業にしていくためには必須の教育といっても過言ではありません。社員研修を成功させるためには、研修の目的をしっかりと伝え、部門別やキャリア別などターゲットをしぼって行うことが大切です。

管理職研修を行う事によって、必要な知識を得られるようになりますので、管理職になる人材は受けるべき研修です。