知らないと損ばかり!?社員教育に必要な3本柱

スペシャリストの研修でストレスフリー

社内で新人研修やスキルアップ研修を行うと、資料作成や研修内容の打ち合わせ等にかなりの時間と労力が必要になりますよね。そんな時にオススメなのが定額制社員研修です。研修のスペシャリストに外注することで充実した研修内容を受講出来るうえ、社外から講師が来るとなれば、受講者自身も気持ちが引き締まり理解度が高まるといったメリットがあります。定額制で新人の研修から中堅社員・経営者の研修までフォローしてくてくれるので、研修をする側だった社員にとっても、研修を受ける側だった社員にとってもストレスフリーな環境に近づけることが出来るのです。

昭和の子育てを見習う

平成27年12月に義務化されたストレスチェックは、最低年1回のストレスチェックを全社員対象に行わなくてはなりません。とはいっても、本当に年1回のチェックで社員のストレスを見守れるでしょうか。昭和の子育てでは、子供達を近所の大人たちが皆で見守り、叱ったり褒めたりして育てるのが自然な環境でした。それと同じように、日々共に過ごす社員同士や上司と部下の間でお互いの変化を見守り合える環境作りが大切なのです。そういった環境の基礎が出来てこそ、ストレスチェックの実施が意味のあるものになるでしょう。

人間愛で先に心を開く

新しい社員を迎えるうえで一番重要な内定者フォロー。時代の変化とともに働き方への意識に差が生まれ、分かり合えないまま内定辞退につながるケースが多いようです。まずは内定者の意志表示が出来る場所作りや、内定者同士が入社前に連帯感を高められる環境を用意するなどして、先に寄り添う姿勢を見せるよう心掛けてみませんか。両者が寄り添えてこそ会社理念や業務の理解が深まり、内定辞退を回避できるでしょう。

社員教育は社内で行うことも出来ますが、業務の効率化や教育に人員を割く余裕が無い場合は外部へ委託するという方法もあります。