機能やメリットがこんなにたくさん!タイムカードアプリ

タイムカードアプリの機能

さまざまなタイムカードアプリがありますが、機能としては自分で出勤時や退勤時にアプリを起動して画面をタッチするタイプと、GPSを使用して職場にいた時間を自動で計算できるタイプ、専用の親機を職場に設置する事でスマホがタイムカード代わりになるタイプがあります。自分で画面をタッチするタイプでもGPSや顔認証で不正を防ぐことが可能です。他にも給料明細をスマホから確認できたり、ネットでシフト表が確認できたり、日またぎの労働や深夜時給でも対応可能なものなど、アプリによって機能も違ってきます。共通して言えることは紙のタイムカード以上の機能が、どのアプリにも備わっているという事です。

タイムカードアプリのメリット

タイムカードアプリのメリットは、効率のアップやコスト削減、正確な勤務時間の算出が挙げられます。給料計算ソフトと連携できるアプリでは、手入力で勤務時間などを入力する手間が省け、作業時間の短縮につながります。また、管理者用アプリがあるものでは直行直帰の申請が簡単に行え、効率のアップに繋がります。タイムカードやタイムレコーダーのランニングコストを考えれば、従業員が自分のスマホにダウンロードすれば使用できるアプリは、経費の削減になるでしょう。自動で打刻してくれるタイプのアプリは打ち忘れもなく、正確な時間を把握することが可能です。ただ、スマホのアプリなのでデータのバックアップや保存などをこまめに行い、間違って消去してしまった時のために個人で管理を行う事が必要です。また、データの漏洩が心配という方は無料のアプリではなく、有料の高いセキュリティのものを使用するほうが安心できます。

タイムカードアプリはITを使った勤怠管理システムです。スマホやPCで共有すれば勤怠管理の手間を大幅に削減できます。