自宅で太陽光発電を取り入れる際のメリットや注意点

電気代の負担を減らせる

自宅の屋根で発電できるということは、それだけ月々の電気代が少なくなるということです。近年はオール電化の普及や極端な気温変動によるエアコンフル稼働など電気の重要性が更に増しつつあります。電気代が高くなるからと言って、テレビやインターネットなどを我慢すると楽しみが奪われてしまいますし、適切に情報収集することもできません。ただ、太陽光発電によって電気代の負担が減るので、お金のことを気にせず自由に生活できます。

太陽光発電は長く使うほど良い

太陽光発電は、初期費用がそれなりに多くかかります。初期費用の金額を見て太陽光発電を断念するケースも珍しくありません。しかし、長く使うほど太陽光発電の魅力を実感できます。他の家では毎月6000円かかっている電気代が、2000円くらいまで減るのであれば非常に喜ばしいことです。しかし、自然災害によって破損することもあるのでその時は家計を苦しくしてしまいます。自然災害はどうすることもできないので仕方ないですが、百万円を超えるような太陽光パネルが一瞬にして壊れてしまう可能性は否定できません。このようなリスクもある程度頭の中に入れておきます。

近隣の住民や会社に迷惑にならないか

太陽光パネルの設置で問題になっているのは、太陽光が反射して近隣の住民や会社に迷惑がかかることです。時間帯によって強い光が近隣住宅に降り注ぐと、トラブルになってしまいます。なので、業者の方と相談してトラブルを回避できるか事前によくチェックしておく必要があります。

太陽光発電の価格とは、太陽光発電の初期投資の価格とその後電気を売買する価格のことを言います。太陽光発電の収益は、年間に想定される売電収入から初期投資にかかる費用を差し引いて計算することが可能です。