起業の始め方!起業をしたいなら事業計画書から!

事業計画書を作ることが第一歩

起業をするときに書くことが多いのが事業計画書です。事業計画書を書かないということは、計画を立てていないのと同じです。無計画で起業をしても失敗する確率の方が高いでしょう。この事業計画書で大事になるのが実現可能性です。絵に描いた餅では計画とは呼べません。どれだけ売上を上げることができるのか、損益分岐点をどのくらいの期間で超えられるかなどは説得力のある具体策が必要になります。そんな具体策で大事になるのが売上の上げ方です。売上げが上がっていれば、流動資本ができるので事業は成功しやすいです。何も売れずに起業後に苦しむよりは、計画段階で売り上げを上げられる方法を作っておく方がいいでしょう。その方法が書いてある事業計画書であれば、説得力があります。

誰もが納得できる事業計画書が大事

事業計画書を見たときに誰が見ても分かるように、簡潔に作ると見た人が理解しやすいです。一般的に事業計画書を見る人は起業する分野の専門家ではないことが多いです。そのため、専門用語はなるべく避けて、分かりやすい言い回しを使うといいでしょう。また、売り上げ予想に関しては取引相手先や根拠を、分かりやすく示す必要があります。取引相手が決まっているときにはその名前を書けばいいですが、決まっていない場合には根拠となる経験や予測を立てることが大事です。根拠の信頼性が薄い部分は書かないで、根拠があるものだけを書く方がいいでしょう。他に納得してもらうためには、グラフや数字を使って表記の仕方を工夫することも大事になります。理解できる表なら納得できるという人は少なくないからです。

フランチャイズとは企業と加盟店が契約を結び、チェーン店名や商標、経営ノウハウや研修などを一つのパッケージとして、ロイヤリティーを払い、ブランド名で営業を行うことが許され、営業することです。