引越しは断捨離のチャンス!?必要な物だけを残して片付ける

本当に必要なものを選びながら片付ける

毎日の生活の中で知らず知らずの間に荷物が増え続け、引越しなどのタイミングでその多さに驚いたことがある人は少なくありませんよね。引越しは全ての荷物に目を通して整理する必要があり、引越しの片付けのタイミングは改めて自分に必要な荷物を取捨選択する良い機会になるのです。日々の生活の中で2~3年以上使っていない荷物や衣類などは、これからもほぼ使わないと判断して間違いはありません。いつか使うかもしれないと考えると片付けが進まないために、数年使っていないモノは思い切って手放すことを前提に片付けを進めていきます。日々の生活を想い出しながら、本当に必要なモノだけを新しい住居に持って行く意識で整理していくことが大切なのです。

使わないモノの保管方法は?不必要なモノの処分は?

大切な人から貰った贈り物や思い出の品など、日々の生活では使わないけれども捨てられない大切なモノは以外にありますよね。取捨選択はもちろん大切ですが、手放せないと判断したモノは整理して保管しておくことが大切です。普段使わないモノは、押し入れの奥などに収納しやすいように箱に入れて保管します。外からでも一目で何が入っているか分かるようにしておけば、必要なタイミングで探す時にも手間が無くて便利です。高温多湿の環境に保管してしまうとカビなどが生えてしまう可能性もある為、繊細で大切な品物は桐箱に入れるなど風通しの良い環境を作る事も必要になります。

必要ないと判断して処分するモノに関しては、リサイクルショップや中古品買取り業者などを活用してできるだけ手間とムダを省いて処分します。モノによっては高い査定額がついて、何かとお金が必要な引越しのタイミングでありがたい臨時収入を得ることもできるのです。

不用品の回収とは使わなくなったものを引き取って処分する仕事です。価値のあるものを処分する場合は、買い取りも行われています。