どんな費用が発生する?通販物流のコストを具体的に考えてみよう

倉庫を管理するコスト

通販物流のコストの中でも、大きな割合を占めているのが倉庫の管理費用です。商品を多く扱うには広い倉庫が必要で、人件費などのコストも大きくなります。コストを減らすために商品の保管スペースを有効活用したり、作業を効率化している現場がほとんどです。在庫を過剰に持たない、システムを導入して作業を自動化するといった方法もあります。無駄な作業を減らしていくのは人件費を抑制する上で大事なポイントです。倉庫管理を外部に委託すれば、自社で倉庫を持っていなくても通販事業を展開できます。通販物流を最適化するには、人的資源はもちろん必要なコストを見極めていくことも大事です。まずは出来るところから、倉庫の整理整頓など基本的な部分から考えてみましょう。

商品を輸送するコスト

商品を倉庫に入荷したり、ユーザーへ届けるときには輸送コストが発生します。トラックを使って輸送する場合は人件費だけでなく、燃料や高速料金など車両の維持費もかかるのが特徴です。輸送コストを抑えるには、拠点を集約して走行距離を短くするのもポイントになってきます。積載率を上げるために、荷物に合った車両を手配することも大事です。荷物が少ない場合にはコストの少ない混載便を活用するのも良いでしょう。通販の商品をユーザーへ届けるには配送業者との契約も必要になります。業者によって料金が違うので配送方法なども比較して選びましょう。荷物の数が多ければ、割引の運賃で契約できるのでコストの削減につながります。

通販物流とは、通販事業者が販売している商品を顧客のもとに届けることです。通販の発展には、物流のシステムの整備が大きく関わっています。