社員間のコミュニケーションの活性化に繋がる社内報を作成するには?

定期的にSNSに関する社員研修を実施しよう

社内報は、社員間のコミュニケーションを活性化させるために便利なツールの一つとして位置づけられています。特に、質の高い社内報を作成するためには、人事や総務の担当者が率先して、定期的にSNSに関する社員研修を実施することが大切です。最近では、SNSを駆使して社内報を作成するメリットについて、ビジネス誌などで度々紹介されることがあります。そのため、社員研修に向けて、同業他社の社内報の特徴をチェックしながら研修のテーマを選定することがおすすめです。なお、SNSの機能を使いこなすにはある程度の学習期間が必要となるため、それぞれの社員のスキルによっては、集合研修ばかりでなくeラーニングなども効果的に取り入れると良いでしょう。

社内アンケートで各部署の社員の意見を参考にしよう

多くの社員に興味を持ってもらえる社内報を作成するにあたっては、随時社内アンケートを行って、各部署の社員の意見を積極的に参考にすることがおすすめです。例えば、社内報を通じて新入社員の紹介をするにあたっては、それぞれの社員の興味があることや得意分野について念入りに聞き取りをすることが大事です。また、社内報の作成のための社内アンケートの頻度や内容については、社内の社員数や職種などに応じて決めると良いでしょう。なお、様々な部署の社員に社内アンケートに協力をしてもらうために、各部署の管理職やベテランの社員などに働きかけたり、日頃からメールやSNSなどで社内全体でコミュニケーションを図ったりすることが大切です。

社内報は、企業内でSNSやメーリングリストなどを利用して、部署にかかわらず社員間のコミュニケーションを活性化させるツールとして重宝されています。