最新型のタイムレコーダーで勤怠管理を効果的に行おう!

クラウド勤怠システムのタイムレコーダーがおすすめ

クラウド勤怠システムが採用されているタイムレコーダーは、スマホやパソコンでリアルタイムで社員の出勤や退勤の状況をチェックでき、人事担当者の業務の負担軽減の面から高く評価されています。特に、大手のIT企業が提供しているクラウド対応のタイムレコーダーの中には、月々数百円から千円程度で利用できるものも少なくなく、人件費のコストカットに繋がることもあります。そこで、社員の勤怠管理を徹底するために最新型のタイムレコーダーを導入したい場合には、多種多様なジャンルのシステム開発に長けているIT企業を選ぶことがおすすめです。また、継続してタイムレコーダーの利用契約を結ぶことで、月々の費用が安くなるところもあるため、じっくりと企業ごとの料金体系を比較してみると良いでしょう。

簡単に自動集計と給与計算ができる製品も増えている

タイムレコーダーには実にいろいろな種類がありますが、中でも簡単に自動集計と給与計算ができる製品は、業種や社員数などにかかわらず国内の多くの企業で普及しています。最近では、経理や人事、総務などの担当者が不足している企業が少なくありませんが、機能性の良いタイムレコーダーを早期に導入することで、業務の効率化を実現することが可能です。また、様々な法人のニーズに応じて特注のタイムレコーダーを製作している業者も増えており、今や勤怠管理に欠かせないツールとして注目度が高まっています。もしも、自動集計や給与計算の機能の良し悪しに注目をして製品選びをしたい時には、売れ筋の製品を専門に扱っている業者に相談をすることが大事です。

2019年4月より働き方改革関連法が施行され、勤怠管理に客観的データが求められるようになりました。その為、タイムレコーダーによる始業、終業時間の管理の重要性が増しています