知らなきゃ損?M&Aで将来の不安がなくなるかも?

いまさら聞けない、M&Aとは?

M&Aという言葉を聞いたことがある方も多いことでしょう。日本語に訳すと「合併」と「買収」という意味の英語からとった言葉です。今でこそ合併も買収も珍しくありませんが、一昔前までは企業買収や株式買取は日本の風習には合わないとして、敵対的な目で見られることも多くありました。しかし、今では企業の成長に欠かせない手段の一つになっています。

M&Aの手続きはどうやって始めるの?

いざM&Aによってほかの企業を買収したい、あるいは自分の会社を売却したいと思っても、いざどこに行けばいいのかわからない方が多いことでしょう。そんな時は、まずM&Aの仲介業務を専門的に行っている会社にコンタクトを取りましょう。相談など無料でやってくれる会社もあるので、気軽に話を聞いてもらうことができます。それも不安だという方は、まずはお付き合いのある銀行に話をしてみるのもいいかもしれません。

M&Aをすべきかどうか迷ったら?

M&Aで企業買収をしようとすると、非常に大きな買い物になるため迷いが生じるときがあります。そんなときは、買収することでどのようなメリットがあるか、一度冷静に考えてみるとよいでしょう。今の会社の従業員も、買収しようとしている会社の関係者も、皆が幸せになれるのであれば進めるべきでしょう。逆に、買収した後の姿が思い浮かばないというような場合は、もう一度、買収後のあり方について考えてみましょう。逆に、会社を売却する際に不安に感じることがある場合は、相手方にその不安をぶつけてみましょう。不安を残したまま売却しても、誰も幸せにはなれません。

M&Aとは吸収や合併の経営手法です。互いの企業のいいところや不足を補うことで収益を上げることを目的としています。